カテゴリー: 授業レポート

2016年3月5日 土曜日  Categorys:

授業レポート vol.7 2/20 専修コース

あいにくの天気となってしまいましたが、またみんなで撮影に行ってきました!
今回は神戸どうぶつ王国。天気が悪いこの日もたくさんの家族連れでにぎわっていましたよ。

さて、今回の実習テーマは
「35mmデジタルハイエンド機と中判デジタルを使って撮影してみよう!」
です。今回撮影した写真を、次回デジタルネガにしてバライタプリントすることになっています。

わたしたちが新しいカメラやレンズが欲しいなぁと思った時、予算や撮影スタイルに合わせてどういうものを買うか考えますが、それでも、値段の高いものはやっぱり良い!というお話です。

「そりゃそうだろう…」と思いますよね? わたしもそう思いました!
でも実際に見比べたことはないですし、どのように違うのかは分かりません。

そんなわたしの前で、先生がPCのモニターで並べて見せてくださいました。
すべて同じ被写体(ピンクのお花)の写真です。
・普通のレンズで撮った写真
・大三元と呼ばれているズームレンズで撮った写真
・単焦点レンズで撮った写真
・中判デジタルで撮った写真

それぞれ拡大して比較すると違いは明らか!花びらの色やディテールが全然違うんです!特に、中判デジタルで撮った写真の画質の良さには、あまりにも格が違いすぎてびっくりしました!

この講義のあとは、これらの機材を使って交代で撮影。時間内に少しでも良い写真を撮ろうと、みんな必死です(笑)
普段使っているカメラよりかなり重いはずなのに「今わたしはハイエンド機で撮ってるんだ♪」という幸福感で、重さなんてなんのその。あっという間に約束の15分は終わってしまいました(泣)

…というわけで、自分の撮影に必死でこのレポート用の写真を全然撮ってなかったんですよね。。。完全に忘れてました。えーっと、どうしましょう。
この写真でもいいですか?先生…?

玉井 裕子

授業レポートvol.7

2016年2月9日 火曜日  Categorys: |

授業レポート vol.6 1/17 田川塾日曜Bコース

2016年初の田川塾。年明け早々、すごく中身の濃い2時間半となりました。

田川塾では入塾から1年間で「ポートフォリオを完成させる」ことを最初の目標にしています。この日はもうすぐその目標の1年となる塾生さんの作品をポートフォリオにするべく、写真の並びを決めることに。

どういう順番で写真を組むか、その考え方は好みによってもいろいろあるそうですが、ここは田川塾。田川流の組み方を学びます。

私ならこの写真の次にあれを持ってくるなぁ、などと考えながら見ていても、先生がそこへ入れた写真はまったく別の写真だったりして。

他の皆さんも同じだったようで「え!先生、今のはどうしてそうなったんですか?」と質問が飛び交います。

そうして先生の手で並べ替えられた作品は、全然見え方が変わってくるから不思議です!観る人を飽きさせず、どんどん作品に惹き込んでいくような順番なんです。

さあ、これがプリントされて実際にポートフォリオとなるわけですが、それは次回のお楽しみですね!

ああっ、他の皆さんの作品についてもたくさん書きたいことがあったのに、書ききれない!…というわけで、すみません、また次の機会に。

玉井 裕子

vol_6-2

 vol_6-1

2016年2月9日 火曜日  Categorys:

授業レポート Vol.5 1/16 専修コース

せっかくみんなで写った記念写真。どうせならいつもよりも素敵に残せたら嬉しいですよね♪ 

そんなわけで、「肌をきれいに見せるレタッチ」を教えていただきました!

去年の専門コースでもPhotoshopを習いましたが、今回はその応用編です。前にあるプロジェクターで先生がいろんな技を披露してくださり、それを真似ていきます。

ポイントは「やりすぎないように、できるだけ自然に見えるように」とのこと。

先生がやっているのを見ていると簡単そうに見えるのに、いざ自分でやってみるとなかなかうまくいきません。

肌をきれいに見せるはずが、逆にさわったところだけわざとらしく目立ってしまったり…。そして、この気が遠くなるような細やかな作業ときたら…!!

普段目にする広告や雑誌の写真は、こういう作業を経て仕上げられていたんですね。撮影からレタッチまで、いったいどれだけの手間と技術が詰まってるんでしょうね!?想像しただけで私は途方に暮れてしまいます。

そこまでは無理でも、せめて友だちにプレゼントできるくらいにはマスターしたいなぁ…! 家でもやってみます。

玉井 裕子

vol_5-1 vol_5-2 

2016年2月5日 金曜日  Categorys:

授業レポート Vol.4 12/12 専修コース

この日は教室を飛び出して、野外で撮影実習でした。みんなで車に乗って、先生おすすめの撮影場所へ。実は先月行く予定だったのに雨で順延していたんです。今回は晴れてひと安心。紅葉もとても綺麗でした!

この野外授業の目的は人物撮影。

・旅行先でいつもとひと味違う記念写真を撮ってみよう!

・クリエイティブに人物撮影をして作品にしてみよう!

この2パターンを撮影することを目標に、先生が実際に作品を撮影したことのある場所で、どういうことを考えて撮影したらよいかを教えてもらいました。

まずはいつものように「光」。どこから「光」がきていて、どんな「背景」で撮るかがポイントなのだそうです。そこから更に、クリップオンやレフ板、バッテリー式のモノブロックストロボを使ってみたり、脚立にのぼって上から俯瞰的に撮ってみたり、逆に地面や水面ギリギリでカメラを構えてみたり。いかに状況を創り上げていくかが大事だとか。

ただシャッターを押せば誰でも簡単に写真は撮れますが、「ただ撮る」のではなく、こうやっていろんな道具を使って、状況を演出して撮れば、こんなにも印象の違う写真が撮れるんですね!なかなか思い通りにはいかず難しかったけど、今回もとても楽しかったです。

vol_4-1
自然の光を使って撮影した柔らかい雰囲気の写真


vol_4-2
ストロボとレフ板で光をつくり脚立の上から撮影したドラマチックな雰囲気の写真

 

玉井 裕子

2016年1月30日 土曜日  Categorys: |

授業レポート Vol.3 11/08 田川塾 日曜Bコース

田川塾には、木曜コースと日曜A・Bコースがあり、それぞれどのコースもとても盛り上がっているそうなんですが、ここではわたし(玉井)が在籍している日曜Bコースの様子をレポートさせていただきますね。

わたしは、この田川塾ではとにかく他の塾生の皆さんの作品を見せてもらうのがとても楽しくて! この日も、今日はどんな写真を見せて貰えるんだろう、とワクワクしながらReconへ行きました。

Bコースのメンバーは、年齢も性別も職業もバラバラ。机に並ぶ作品も、ストリートスナップ、風景、デザイン的な写真、家族写真……ジャンルも様々です。

それでも、写真を介すると会話が止まらなくなるから不思議です!写真をやってる人って、どうして皆さんこんなに好奇心旺盛なんでしょうねぇ?(笑)どんどん話が広がります。

そんな中、田川先生はテーマに沿った写真を次々とセレクトしていきます。

たとえ自分の番ではなくても、この様子を見るのがすごく勉強になるんですよ!

選ばれた写真と、選ばれなかった写真。その違いはどこにあるのか?

そこはむしろ、自分の写真よりも他の方の写真を見ている時のほうが、客観的に見ることができる分、とても考えさせられるんです。

また来月も楽しみです!

玉井 裕子

Vol3

2015年12月20日 日曜日  Categorys: |

授業レポート vol.2 10/17 専修コース

この日はお天気にも恵まれ、格好の撮影日和。
教室で前回の復習をした後は、みんなでRecon近くの公園へ向かいました。
着いて早々、懐かしの遊具に飛びつき遊びだした大人たちですが(笑)、
目的はもちろん撮影です!

1.クリップオンなしの状態
2.クリップオンをつけた状態
3.クリップオンにバウンスアダプターを装着した状態
まずはこの3パターン。

それから更に応用編として
4.日中シンクロ
に挑戦です。

どこにモデルさん(もちろんモデルも自分たちです)を配置したらいいかを考える時に重要なのは太陽の位置。
今どこに太陽があるのかを意識しながら画角を決めます。

あんなにモデルになることを恥ずかしがっていた去年のわたしたちはいったい何処へやら?(笑)
みんな最近は開き直って、なんだかモデルも慣れたもんです。
「どう撮ったらどう撮れるのか」という実験が楽しくて、
いつのまにか恥ずかしさなんて二の次になってしまいました。

前回は室内だったのに対し、今回は外。
この2回の実習を通して、クリップオンを室内で使う時と、外で使う時の違いを学ぶことができました。
また日中シンクロの撮影では、作為的に光を演出する面白さも体験でき、今回もとても楽しかったです!

家に帰り、「クリップオンなし」と「クリップオンあり」の写真を比較すると、
いかに光で写真の印象が変わるかが分かります。
田川先生がいつも仰っている「『光』の大切さ」を、改めて感じることができた実習でした。

玉井 裕子

 

Vol2-1

Vol2-2

2015年11月29日 日曜日  Categorys: | |

授業レポート vol.1

初めまして。
Recon PHOTO SCHOOL 専修コース/田川塾在籍中の玉井裕子です。

時々、授業の様子をここでレポートすることになりました!
よろしくお願いします。

さて、早速ですが10/3の専修コースではクリップオンについて勉強しました!
殆どのメンバーが「クリップオン?なにそれ?そんなのいつ使うの?」という状態からスタート。
要するに、クリップオンとはカメラに取り付けて使うライト(ストロボ、フラッシュ)のこと。
それをカメラにセットするだけで、手軽にプロカメラマンになった気分を味わえるというシロモノです(笑)。

まずは

・どうやって使うのか

・使うことによってどういう違いが出るのか

・どういうシーンで、どうやって使えば効果的か

などのレクチャーを受けてから、実際に使いながらいろんなパターンを試してみました!

順番にカメラにセットして、お互いを撮り合いっこ。
あちこちでワイワイガヤガヤ、いつものように賑やかな声があがります。
カメラの機材って、いろんなものがあるし、ひとつひとつの値段も安くはないし、
なかなか「試しに使ってみる」ということはできないので、
こういう機会って貴重だなぁと思います。
なんでもとりあえずやってみないと分からないですしね。
次回もクリップオンを使っての応用編。
ちゃんと使いこなせるようになるには、まだまだ勉強が必要なようです。

玉井 裕子


Vol1-1
Vol1-2

画像一覧

Category

Archive

最新記事

お申し込みはこちら
back to top