09 Shigeki Shimizu『』

01
01
01
01
01
01
01
01
01
01

専門学校コース2015年専門学校コース卒業[第2期生]/
現:専修コース在籍

志水 茂樹Shigeki Shimizu

インタビュー

作品のコンセプトを教えて下さい。—————————

「icons」
小屋、堤防、灯台、取水塔、島、木、街、クレーン、・・・
特別美しいわけでもなく、ただ静かに水面に浮かぶ景色を、船も、水鳥も、人も、波さえも存在しない非現実的で静寂な世界で切り取ることで、その場所の“象徴”=「アイコン」のような存在として表現しました。

作品を作り上げる上で、苦労した事、楽しかった事などありますか?—————————

苦労したこと
テーマがなかなか決められなかったことや、撮影に最適な天気を待つこと(タイミングを合わせて撮影に行くこと)です。あとは、被写体探しですね。被写体とその回りに広がる水面とのバランスが良い場所を探す事が大変でした。

楽しかったこと
テーマを決めてからは撮影する場所探しも含め、撮影自体楽しみながら取り組めた事です。また、撮影したフィルムを現像に出し、出来上がったプリントの仕上がりを見ることも楽しみでした。

写真を本格的にやりはじめて、何かあなた自身に変化はありましたか?—————————

いろんな写真家の写真集や作品展を見るようになりました。また、初めは想像もしませんでしたが、フィルムカメラに興味を持つようになり、結局作品も中判フィルムカメラで撮影した事です。

Recon PHOTO SCHOOL専門学校コースに通おうと思ったきっかけは何ですか?—————————

趣味で水中写真を撮っていましたが、独学ではなかなか成長できず、もっとしっかりとした技術を身につけたい、陸上でも色んな写真を撮りたいと思った事がきっかけです。

専門学校コースで1年間学び終えてどうでしたか?—————————

写真が好きになったし、もっと勉強したいと思いました。また、ただ撮るのではなく“表現”することを意識するようにもなりました。そして、写真を楽しむ上での仲間と出会えたことも大きな価値でした。

卒業制作展の展示

お申し込みはこちら
back to top