2018年3月1日 木曜日

第1回 Galleryってなに?

photo01

皆さんこんにちは!
Recon PHOTO SCHOOLアシスタントの秋山加奈です!
『あっきーの知恵袋』では、私、秋山が最近学んだアートに関する豆知識をどんどん紹介していきます♪
第1回目は“ギャラリー”についてのお話です!
ギャラリーのお話しの前に…
皆さんの中で、今までに一度は美術館に行ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。
美術館は “芸術作品を鑑賞できる場所” ですよね。
美術館とは、芸術作品を収集・展示・保存して、そこから教育・普及・研究をする施設のことなんです。
では、みなさんギャラリーに行ったことはありますか?
「“ギャラリー”ってなに?」と聞かれたら、何を思い浮かべますか?

ギャラリーと美術館の違いは?

“ギャラリー”と聞いて美術館が頭に浮かんだ方もいるかと思います。
でも実は、ギャラリーと美術館は全く別のものなんです!
それではギャラリーと美術館の違いとは一体何なんでしょうか…?
ギャラリーも美術館も芸術作品を扱っているという点は同じですが、美術館は基本的に館内の作品を鑑賞するために入場料が必要です。
それに対してギャラリーは基本的に無料で入ることができて、更にそこでいい作品と出会えたら
その場で購入することができるんです!それって凄いですよね。
美術館では複製のポスターや作品を模した小物は買えますが作品自体は買えません。
一方ギャラリーでは作品を購入できるので、作品を鑑賞するだけではなく 「この作品をずっと見ていたい、自分のものにしたい!」
「もしこの作品を買ったら家のどこに飾ろうか?」ということを考えながら 作品を見るという楽しみ方もできるんです!
これがギャラリーと美術館の違いなんですね。

ギャラリーの種類

写真作品だけではなく色んな芸術作品を扱っているギャラリーには、
実は大きく分けて3つの種類があるんです!
…ということで、
次回は、私も最近まで知らなかった3種類のギャラリーについて
ゆっくりお話ししていこうと思います!

Archive

最新記事