2016年10月25日 火曜日 Categorys:

授業レポート vol.16 10/16専修コース : 玉井(最終回)

このまま卒業したくない!とみんなで先生に頼み込んで始まった専修コースがいよいよ最終回を迎えました。前回、手焼きプリントしたものを作品として仕上げるために額装をしていきます。今回の実習では、いかに作品を作品として綺麗に魅せるかがポイントです。

具体的に何をしたかというと、まずは額の掃除。それからオーバーマットとボードを1辺だけくっつけてブック状にします。プリント裏にドライマウントシールを貼り、1度プレスします。その後、マットにプリントをセットした状態で2度目のプレス。額の表面にあるアクリル板を綺麗に拭き、埃を除去して素早くマットを額にセットして完成です。

言葉で聞くのと実際にやってみるのとでは大違い。ひとつひとつの工程に注意点やコツがたくさんあり、失敗すると今までの苦労が水の泡!おそるおそる丁寧に、そして慎重に、作業を進めました。

完成後、綺麗に額装されたそれぞれの作品を見て、みんな自然と「おぉー!」と歓声が。仕上げひとつでこんなに見映えが変わるんですね!
最後には先生から専修コースの修了証書を受け取り、全員で記念撮影。先生からの「みなさんにはどんなかたちであれ、これからもずっと写真を楽しんでもらえたらと思っています」という言葉とともに専修コース修了!そしてわたしの授業レポートもこれで最後となります。

はじめて専門学校コースで顔を合わせたのが2014年。思い出もたくさんありますし、このままお別れだなんて寂しすぎます。でも、写真のことも先生のことも大好きなこのメンバー。なんだかんだできっとどうせまたすぐ集合することになるんじゃないでしょうか!?ねぇ、先生??(笑)

玉井 裕子

画像一覧

Category

Archive

最新記事